読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期間限定☆京都カフェ日記

2年限定で京都に住むことになりました。浮かれ遊びたいと思います。

お茶事カフェの恍惚。

京都に来てから、「お茶会に行きたい」という思いを募らせてました。それはもう、執念のごとく、ねちねちと。観光客向けのお茶席体験などたくさんあるし、高台寺のお茶会にも何度か行った(北政所茶会は、まさにお茶会のテーマパーク!一日かけていろいろな…

「カステラドパウロ」で異文化比較体験

……晴れてしまった。今は梅雨まっさかり。雨だったら、今日くらいはおとなしく自宅で本を読んでいるつもりだったのに。なら、行くしかないよね!とまだお昼前だというのに外に飛び出してしまった。ちょうど昨夜すごく気になるお店を見つけていたのだ。 「カス…

ブックカフェ…優しい孤独…「月と六ペンス」

京都にはブックカフェなるものが多い。お好きに手にとっていいですよ、とばかりに雑然と、そこそこに本が並べてあったりする。そういえば、私がはじめてこの地に来て行ったブックカフェが、「ことばのはおと」だった。 Instagram 猫の置物がたくさんあって、…

「それから」…映画をひとりで楽しむようにカフェをひとりで楽しんでみる

イノダコーヒや伊右衛門カフェのような王道カフェめぐりも、もちろん楽しいのだけれど、私が惹かれるのは、こっそりと静かに、心のなかにしのびこんでくるような優しくて小さなカフェだ。喧噪を離れて、ここから先は異世界……とでもいうような静謐なカフェ。 …

本当に知りたいことは答えがない…カフェ・モンタージュ

12年間一緒に暮らしてきたうさぎさんが数日前からほとんど寝たきりになってしまった。先月のはじめくらいから、遊んでいても転ぶようになり、来るべきものが来てしまったような思いでいた。 我が家に迎えたのは12年前の5月5日だが、誕生日はそれよりも数ヶ月…

甘い宝石…グラン・ヴァニーユ

おのぼりさん的カフェめぐり、次はどこに行こうかとググるググる。基本的にはいきたいところが多すぎてどうしていいか分からない……膨大にして深遠なる京都カフェ空間。喫茶写真家の川口葉子さんは、「京都は街自体が一軒の巨大なカフェだ」と著書で書かれて…

猫に恋して…キャットアパートメントコーヒー

まだ地元にいた頃、ときおり会う、やたらと人懐っこい猫がいた。基本的に野良には避けられる私なのに、しっぽ上げて歓迎体勢全開で寄ってくるのだ。私がメロメロにならないわけがない。ちょっと生意気そうで、いたずらっ子。めちゃめちゃあまえんぼう。可愛…

カフェミープル…「コンコルディアがしたいです……」

オサレカフェ日記が始まるのか……と、思いきや、しょっぱなはカフェミープルなのであった。いや、カフェミープルがオサレではないとは言ってないですけども……。 4月14日に熊本で前震(という名の本震?)があり、4月16日に再び熊本で、それよりも大きな被害を…